2008年06月04日

ムラサキの花が咲いています

0806murasaki.jpg
ムラサキの花は小さな白い花です。
根の部分を特に「紫根」と呼び、古くから紫色の染料やまた薬草にも用いられてきました。
古来からの和種は絶滅危惧種と言うことで、八日市南高校を中心に保存活動が広がっています。
万葉集の中の『相聞歌』に登場し、その舞台となった蒲生野がある東近江市の花に指定されています。
当窯元でも2株に花が咲きました。