2013年09月06日

アメリカ・アラスカ大学に作品設置

2013_iarc_hp.jpg

太郎と一浩の合作がアメリカのアラスカ大学内にある
国際北極圏研究センターの建物「赤祖父ビル」に設置された事が、
同センターサイトに写真付きで記載されています。

http://www.iarc.uaf.edu/jp/spotlights/2013/artwork

太郎と一浩の合作「オーロラの彼方から女神の使いが舞い降りる」は、
2012年10月に梅田紀伊國屋で発表した、30cm角のタイル20枚からなる、3mの壁面作品で、
美しいオーロラをバックにフクロウが飛び出しています。
<当時のブログ記事>

また同時に、館内図書館に設置された太郎のオーロラ作品も紹介されています。