2015年02月28日

『梟像 28号』千早図書館

TaroKojima02.jpgTaroKojima01.jpgTaroKojima03.jpg

『みんなのふる里 ふくろうの都 豊島区のふくろうの路の梟像 其の28号』
東京都 豊島区立 千早図書館 <designed by Taro>


「芸術とは人として生きる道そのもの」
太郎の最初の師となった故 岡本太郎画伯の言葉です。
代々木体育館の壁面陶画を始め、太陽の陶に至るまで作陶に参加させていただいた事が太郎の生き方を決めました。
今回、息子 一浩の作品29・30号を豊島区新庁舎に寄贈される「梟の樹を創る会」のプロデューサー星川氏もまた、岡本画伯との出会いを持たれていたとの奇遇から、同会の28号目の梟像を製作する事になりました。
太郎が現在取り組んでいるテーマはアラスカで遭遇した壮大なオーロラへの感動です。
この作品では、遥か宇宙に想いを寄せる梟親子の愛を表現しています。

2015_02_28.jpg

千早図書館のすぐ近くに『鉄人28号』で有名な漫画家 故 横山光輝氏の家がある事から、館内には大きな鉄人の模型等がたくさん飾られています。梟像も28号、設置日も28日!




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/126354577
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック