2010年07月19日

八日市大凧製作 参加して来ました

国の無形民俗文化財である「八日市大凧揚げ」に使用される、100畳の大凧製作が、世界凧博物館八日市大凧会館(滋賀県東近江市八日市東本町)にて、八日市大凧保存会を中心に様々な団体や市民の参加で進行中です。東近江JCからの動員で一浩も19日に参加して来ました。

2010_07_19_01.jpg
本日の作業は、先ず、木炭で右面の下絵を描き、半分に折り曲げて

2010_07_19_02.jpg
上からみんなでこすります

2010_07_19_03.jpg
また広げると

2010_07_19_04.jpg
左右対称の絵が完成です!

さすが、江戸時代からの伝統の技。参加できて感動しました。
1日だけの参加でしたが、他の工程にも様々な興味深い工夫があるようです(八日市大凧会館ブログ 参照)
来年の大凧まつりが今から楽しみでです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39784314
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック