2010年01月28日

FM滋賀レディオロコ取材

2010_01_28.jpg
FM滋賀の番組『レディオロコ』よりレポーター森田純史さんが窯元に来てくれました。布引焼ってどんな焼き物?と言うレポートだったのですが、初窯市の準備中というベストタイミング!だったので、告知もさせてもらえました。めっちゃ緊張しました。

2010年01月24日

中路融人先生 ご来店

2010_01_24.jpg
1月15日から26日まで東近江市立八日市文化芸術会館にて『中路融人日本画展』が開催されています。そんな中、館長の紹介で、中路融人先生ご夫妻と、そのご友人で染織家の中井貞次先生ご夫妻、同じく日本画家の室井東志生先生ご夫妻が窯元を訪問してくださいました。
実は、中路先生は小嶋太郎の先輩(京都市立日吉ヶ丘高校)なのです。楽しい歓談のひとときでした。

2010年01月19日

獅子舞が来ました。

2010_01_19.jpg
今年も伊勢太神楽の皆さんによる獅子舞が来てくれました。
みんなで順番に頭を噛んでもらいました。
ガブリ!おお、新しいデザインが浮かんできた・・・かな?

2009年の話

2009年12月31日

韓国 統営文化院文化交流使節団 訪問記念展

2009_11_26_01.jpg
小嶋太郎が11月25日から28日まで、地元、東近江市の友好都市である韓国の統営市へ文化院文化交流使節団の1人として訪問しました。
それに合わせ、11月20日から27日まで、統営文化院長の金安永さんとの特別展を開催しました。たいへん光栄なことでした。

2009_11_26_02.jpg
文化院の常設展示の前に作品を展示していただきました。

2009_11_26_03.jpg
実は初めての韓国。
統営市は250以上の島からなる美しいまちでした。

2009年11月29日

陶福籠展in池袋 搬出

搬出のため、またまた池袋LIBROへ行って来たのですが、その前にこの日はもう1つ約束がありました。
そもそも今回の企画展は、池袋でふくろうをテーマにいろいろまちづくりをされている事にちなんでのことだったので、開催する時に池袋のある豊島区の区長さま宛てに、作品を寄贈したいので見に来て下さいと手紙を書いてみました。すると後日、秘書の方から電話があり、何と搬出日に区長さんと会う時間を作って欲しいと電話がありました。もちろん是非!と言うことで、待ち合わせをすることになったのでした。

2009_11_29_01.jpg
作品の前で、豊島区長さん、ミミズ資料館長さん、LIBRO店長さんとお話。
色々とお話して区長室の前に1つ、みみずく資料館に1つ、作品を寄贈することになりました。

2009_11_29_02.jpg 2009_11_29_03.jpg
2009_11_29_04.jpg 2009_11_29_05.jpg
それから区長室にもお招きいただきました。区役所までの移動の間にも、まちのあちこちにふくろうがいました。駅前交番は建物がふくろう!

2009_11_29_06.jpg
その後、楽しみにしていた、知る人ぞ知る豊島みみずく資料館へ。ここは生前お世話になった故・飯野徹雄先生のコレクションを中心に、様々なふくろう作品の資料館です。そこで館長さんから「池袋が何故ふくろうなのか」の本当の?お話を聞きました。池袋には鬼子母神で有名な神社があり、その界隈では古くは江戸時代から、病気の母親を助けたいと願う女の子がススキで作ったフクロウを売るようにお告げを聞いて薬を買うことができたとの言い伝えと共にススキフクロウがお土産にされていたそうです。その証拠が安藤(歌川)広重の「雑司ヶ谷の図」の左端に!
実は布引焼作品は数個すでに収蔵済みだったそうですが新たに大型作品追加!という事で、こんな素敵な資料館に作品が飾られるのは本当に光栄です。



2009年11月07日

檜の皮剥ぎ。

2009_11_07.jpg
朝から、窯元の前の若松天神社に生えている大きな檜(ヒノキ)に、ロープの輪で体を支えて軽々と登りながら、木の皮を剥いでいる方がおられました。そう言えば毎年この時期になると、いつの間にか何本か皮が剥がされていたっけと思いながら、理由とか尋ねてみました。業者さんは、となりまちから来ていて、神社などの建築材料に使うんですよとのことでした。

2009年11月04日

Cafe' La Marca

2009_10_04.jpg
只今、兵庫県篠山市にあるギャラリー&ガーデンカフェ Cafe' La Marca(回廊喫茶 円香)に布引焼が飾られています。11月半ばまで。
アンティークなテーブル・椅子・食器・そして内装とあらゆのものに『こだわり』を感じる本格派なカフェです。ギャラリーにもなっていて、定期的に展示作品が変わっていきます。
次回、布引焼の出番は春先に合わせて『桜』シリーズづくしでいきましょうか、なんて話して来ました。
カレーもたいへん美味しゅうございました。

2009年10月31日

サークル陶 ご一行様 ご来店

2009_10_31.jpg
たいへん気持ちの良い秋晴れの今日、兵庫県小野市より「サークル陶」のご一行32名様がバスで来られました。趣味で陶芸を勉強されている団体で、「何かお話を」との事でしたので太郎が少しお話をさせていただきましたが、皆さん熱心に聞き入っておられました。

2009年10月29日

池袋LIBROに行って来ました

「陶福籠展in池袋」の搬入に行ってきました。
2009_ikebukuro_03.jpg 2009_ikebukuro_04.jpg
先ずは西部百貨店池袋本店LIBRO池袋本店とのB1連絡通路にあるショウウインドウに一浩の大型フクロウやそのミニチュア等を展示しました。ガラスケース越しに見るとちょっと標本みたい?
レジ横の特等席もいただいたので亮子の小物を中心に、お求め安いものを。
ハガキで飛んでいるフクロウはここに設置しました。



fukurouni_hitoha.jpg2009_kobayashisan.jpg
またこの日は、またまた不思議なフクロウネットワークにより、「フクロウになぜ人は魅せられるのか―わたしのフクロウ学 」の著者である小林さんが当ホームページを辿ってご連絡いただき、お会いすることになりました。初めてお会いしたのに、気付いたら2時間近くもお話してました。とても嬉しい出会いでした。

2009年08月10日

布引焼窯元のCM完成!

nunobiki_cm_hcnet.gif
<製作:東近江スマイルネット> <撮影協力:神戸花鳥園

東近江スマイルネット(CATV)にて、「e-おうみNOW!!」の最後のニュースに続いて登場。本日より8月末まで毎日流れています。その後は未定。

BGMは「野ばら(シューベルト)」。
先ずはベンガルワシミミズクのシオン君の顔のアップで始まります。すごい眼力です。
続いて、布引焼のフクロウに囲まれた場所から音も無く飛び立つシーン、フクロウは羽音を出さずに飛べるのです!
とは言っても、このCMにはそもそも音は入っていませんが・・・。
最後は夕焼けを描いた布引焼陶画をバックに小さなスピックスオオコノハズク(ムギ君)が立っています。そこに布引焼窯元のロゴ、電話番号等が表示されて終了。
15秒と短いCMですが、ゆったりとしていて、とても気に入っています。
テーマは『ミネルヴァのふくろうは黄昏時に飛び始める 布引焼編』!

<前>

2009年07月22日

日食

2009_07_22.jpg
今日は日本全国皆既日食で大騒ぎ!?ここ滋賀県でも部分日食を見ることが出来ました。あいにくの曇り空でしたが、時々薄くなる雲がちょうど良いフィルターになって肉眼でもハッキリと見ることができました。「カメラ壊れるかも?」と心配しながらも、絞りいっぱい・シャッタースピード最速で、記念の写真も撮ることが出来ました。

2009年07月10日

聖徳中学校 職場体験実習

209_07_10.jpg
先月に続いて今週は東近江市立聖徳中学校から職場体験実習で3人の中学生が1週間、働きに来てくれていました。今年の校長先生は一浩の恩師だった!ので、生徒がそんな話をしてくれたらしく、校長先生も激励に来て下さいました。
一週間真面目に頑張ってくれたので、最終日にはろくろで遊んでもらいました。

2009年06月30日

布引焼窯元のCM撮影

2009_6_30_01.jpg
前回お伝えしていた東近江スマイルネット(CATV)での布引焼窯元CM撮影を、本日行いました。そしてなんと!特別出演として(?)神戸花鳥園より、シオン君(ベンガルワシミミズク)とムギ君(スピックスオオコノハズク)が来てくれました!もう窯元は大騒ぎ、たまたま来られたお客さん達もびっくりしながらも携帯でパチリ。2人とも、とても良く訓練されていて、撮影も快調。夢のような贅沢な一日でした。


2009_6_30_03.jpg
布引焼作品とフクロウの夢のコラボレーション。『黄昏に飛ぶ』!


2009_6_30_05.jpg
出番待ちのシオン君。陶器のフクロウに囲まれて何を思う?


2009_6_30_04.jpg
ムギ君、めっちゃかわいいよ!でも額が傾いてますけど・・・。


2009_6_30_02.jpg
先ずは撮影完了。次は音響、編集作業・・・。またご報告します.


<前の話> ・ <次の話>

2009年06月27日

嘉田知事 ご来店!

2009_06_27.jpg
滋賀県知事の嘉田由紀子さんが突然(?)のご来店。東近江市役所へ公務で来られたのですが、少し早く到着したので、窯元がすごく近かった事もあり「一度来てみたかった」と急遽お立ち寄りいただいたとの事でした。20分足らずとたいへん短い時間でしたが、お話できて嬉しかったです。これからもますます頑張って下さい!

2009年06月18日

三方よし商品券

2009_06_18.jpg
『三方よし商品券』とは、八日市商工会議所が定額給付金に合わせて発行したお得な地域通貨券と言ったものです。本日、とうとう窯元でも『三方よし券』を使ってお買い物をしていただけました。この『三方よし券』はたいへんお得(5,000円で6,000円ぶん!)なため、発売当日にすごい行列が出来、数時間で完売したとか。初めてお目にかかりました。

2009年06月15日

神戸花鳥園に行ってきました

2009_06_15.jpg
神戸花鳥園は、いろんな花・鳥を楽しめるテーマパークですが、何と言っても世界中の様々なフクロウに出会えてしかも触ったりも出来る素敵な所です。今回もしっかり楽しんで来ましたが、実はあるお話しをしに行って来ました。
その話とは、東近江スマイルネット(CATV)で布引焼窯元のCMを作る事になり、その中に本物のフクロウが登場して欲しい!と言うことで、いろいろとお世話になっています花鳥園さんにまたまたご面倒をお願いしていて、打ち合わせに行ってきたのでした。
さて、どんなCMになるのでしょうか?詳しくは後日!

2009_06_15_02.jpg
手に乗ってます


<お世話になりましたその1>
<お世話になりましたその2>
<お世話になりましたその3>



2009年06月12日

玉園中学校 職場体験実習

2009_06_12.jpg
今週は毎年恒例となった東近江市立玉園中学校の職場体験実習で、3人の中学生が1週間働きに来てくれていました。戸惑いながらも真面目に頑張ってくれました。ようやく気持ちも慣れてきた最終日には、ろくろで遊んでもらいました。帰りに御礼の手紙をくれました。ふくろうの絵も描いてあり、感動してしまいました。

2009年05月22日

北海道報告2009 その2

2009_04_hakodate.jpg
北海道松前町の道の駅オープニングの翌々日、4月28日から5月5日まで、今回の2つ目の目的「布引焼 春の陶芸展2009(小嶋太郎とファミリー展)」をギャラリー807(函館市元町FMいるか1F)にて開催しました。会期中は1000人を超える、たいへん多くの方々にご来場いただきました。ありがとうございました。

hakodateyama_rw.jpg
ギャラリー807のすぐそばには、120人乗りの函館山ロープウェイがあります。そう、100万ドルの夜景です!

2009年05月14日

北海道報告2009 その1

2009_matsumae_0426.jpg
北国の桜の開花に合わせ、4月26日(日)に北海道松前町の道の駅がオープンしました。その壁面には布引焼の陶画『松前の春』が取り付けられ、作者として記念式典に招待していただきました。ガラス窓からは、津軽海峡、そして松前城を望めるすばらしいロケーションでした。

2009_matsumae_0426_2.jpg

2009年05月04日

丹生 茶わん祭

2009_05_04_01.jpg
滋賀県伊香郡余呉町に古くから伝わる丹生茶わん祭余呉湖荘さんとのご縁で、ブース出展に参加させていただきました。GW、良いお天気、そして何より今年は6年ぶりの開催と言うことで、たいへん多くの人で賑わいました。それにしても、とても豪華でありまた興味深いお祭りでした。
<追記>